うさぎさんの病気3 胃内うっ滞

練馬区、西東京市の動物病院南大泉せき動物病院ですあしあと  

 今日はうさぎさんの「胃内うっ滞」についてお話ししますうさぎネザーランド・ドワーフ

  一昔前は毛球症とも言われていました。うさぎさんの診察をしていると、最も遭遇する病気でもありますえー?  

ついさっきまで元気だったのに、突然うずくまって元気がなくなり、ご飯をたべなくなりますえーん 

症状は軽度〜重度まで様々 食べたものや飲み込んだ毛が消化管につまったり、消化器全体の動きが落ちたりする事で発症しますキョロキョロハッ

 健康なうさぎさんの突然死の原因は大体この病気、と言っても過言ではありませんガーン、、  

この病気を防ぐには・正しい食生活・適切なグルーミング・適度な運動などが大切ですが、それでも発症してしまうことも多々ありますゲッソリ 

 この病気に言えることはただ一つ!!!様子を見ないですぐ病院を受診してくださいネザーランド・ドワーフ病院 

 ・耳が冷えている→循環が落ちている時です。体を冷やさないように温めてください。 

・食べない→心配かもしれませんが、うっ滞が疑われる時は、食事を無理に採らせないでください。胃の張りが悪化する可能性があります   

うさぎさんの変化に気づき、適切な対応ができるようにしましょううさぎクッキーうさぎ

当院ではうさぎの診療も行なっていますうさぎ

それってしびれ?

練馬区 西東京市の動物病院

南大泉せき動物病院ですグラサン

起きた直後に足をかばっている仕草をする子がいますショック

筋肉のしびれ、こわばりからくるもので伸びをしてほぐしているのを

見かけませんか?

高齢の子では慢性の関節炎が隠れている可能性も考えましょう!!

レントゲンで変化がわかるということはそれだけ進行してしまっているということ

症状に食欲不振などが加わると、やっかいな病気も潜んでいるかもアセアセ

早めの治療で痛みを和らげたり、悪化を遅らせられるかもしれませんガーン

うさぎさんの病気2 膀胱炎

練馬区、西東京市の動物病院南大泉せき動物病院です 

今日はうさぎさんの膀胱炎についてお話しします 

私たち同様、うさぎさんも膀胱炎を起こします きっかけは様々 

うさぎさんの場合、膀胱内にカルシウムの砂がたまって起こる膀胱炎が多いです 

うさぎさんは正常な子でも尿中にカルシウムを排泄するため、尿が濁っています 

少量なら問題ないのですが、大量にたまってしまうと尿が出しづらくなります 

原因は食生活(ペレットの食べ過ぎetc)、体質など様々です

 ・お尻をあげておしっこをしたそうなのに、出ない(時間がかかる)

・おしっこが臭う

・おしっこが乾くと砂のようなものがたくさん浮かぶ

 こんな時は膀胱炎の前兆の可能性があります

 当院で治療中のネザーランドドワーフの男の子 

カテーテルを入れて、膀胱内を洗浄します 

洗浄で出てきた砂です(今日は少なめ)

洗浄前の超音波です緑で囲った白いところがたまった砂です 

洗浄後、白い砂がなくなりました 

いつも頑張って偉いね 

うさぎさんの病気1 子宮疾患 避妊手術

練馬区、西東京市の動物病院南大泉せき動物病院ですあしあと  

今日はうさぎさんの避妊手術についてお話ししますうさぎ 

 わんちゃん、猫ちゃんでは一般的な避妊手術ですが、うさぎさんではどうでしょうか? 

実はうさぎさんの女の子は、子宮の疾患がとても多いのですアセアセ 早い子では2歳くらいから、高齢になるとかなりの高確率で子宮にトラブルが出てきますアセアセ 

良くあるのは血尿で飼い主様が気づくケースハッ 無症状で進行するケースもありますが、発見時点で肺に転移を起こすほど進行してしまっていることもありますガーンガーン  

この病気を予防する唯一の方法が避妊手術(卵巣・子宮摘出)です!

  うちの子は発情も無いし大丈夫!というのは間違いショボーン

どんな子でも子宮疾患のリスクはあります   うさぎさんの手術については話が長くなってしまうので、女の子のうさぎさんを飼われている方は、是非一度健康診断でいらしてくださいロップイヤーネザーランド・ドワーフ

うさぎさんの歯削り

練馬区、西東京市の動物病院南大泉せき動物病院です。
今日は当院で行ったうさぎさんの歯削りの紹介ですうさぎ
患者さんは5歳のネザーランドドワーフの女の子。
臼歯(奥歯)が伸びて舌や頬にあたり、そのまま放置すると痛くてご飯が食べられなくなりますガーン
処置は麻酔下にて、とがりや高さを調整していきますキラキラ

右上の歯がほっぺに向かってとがっていますハッ

歯削り後はこのようにとがりがなくなります!

右の下の歯も1本とても伸びており、舌にくいこんでしまっています。痛そうですねえーん

歯削り後はこのようにとがりがなくなり、舌や頬への当りもなくなります。
うさぎさんの歯は私たちと違って、生涯伸び続けます!!!!
・食べたそうなのに、食べない・口周りが汚れる・口をくちゃくちゃする・水ばかり飲む
こんな症状があるときは要注意☝️
予防するには食生活もとても大切です。
うさぎさんは病気を隠す動物です。小さな変化に気づき、元気に過ごしてもらえるようにしましょう🐰
当院ではうさぎの診察も行なっていますロップイヤーネザーランド・ドワーフ

歯削り後、美味しくご飯を食べてくれました😊頑張ったね!

緊急事態宣言に伴う当院の対応

練馬区、西東京市の南大泉せき動物病院です。
東京都 緊急事態宣言に伴い
・診察室での会話、密集を避けるため
待合室で問診後、検査や処置が必要な場合はすべて一旦お預かりさせていただいて行います。待合にてお待ち頂くようお願いいたします。
・ご来院頂く場合、小さなお子様などを除き、待合に来て頂く方は代表者のみとさせていただきます。それ以外の付添の方などは外やお車でお待ち頂くようお願いいたします。
爪切りや簡単なお手入れについてはなるべく受診を避けて頂くようお願いいいたします。
・待合室での距離(1-2m)を保てない場合は恐縮ではございますが院外またはお車でお待ちください
・お薬やフードのお渡しにつきましても、前以てご連絡の上、かつ受け取り時間等の調整をお願いいたします。
・ホテルやトリミングのお預けやお返しも同様、お時間の指定、調整をお願いいたします。
・狂犬病ワクチン・混合ワクチンの接種につきましては、成犬・成猫の場合は接種を急がないので時期を見送ることをおすすめいたします。
ご理解、ご協力よろしくお願いいたします。

コロナウイルス感染症への対応に関して

注意お知らせ注意

 

 

・診察室での会話、密集を避けるため

待合室で問診後、動物をお預かりし、検査治療を進めさせていただきますショボーン

 

・待合室での密集を防ぐため、混雑する場合お車での待機をお願いする場合もございます。

 

お薬やフードのお渡しにつきましても、

前以てご連絡の上、かつ受け取り時間等の調整をお願いいたします。

 

ホテルやトリミングのお預けやお返しも同様、お時間の指定、調整をお願い致しますアセアセ

 

 

 

 

もちろん緊急性のある場合などはこの限りではありませんが

 

今後、封鎖など規制要請が強まる場合は

都度対応をしてまいります!!

 

 

 

WSAVA(世界小動物獣医師会)は3月30日

ガイドラインを発表しています。

 

 

ロックダウン中の都市では

飼い主様とは直接会うこと無く診察を終える様にしていますうさぎ犬猫

 

1.飼い主様が入り口にケージごと動物を置く

2.スタッフが飼い主様が離れたのを見て取りに行く

3.診察をしたら電話をして治療決定をする

4.電話でカード番号を読み上げて会計をする

5.治療・会計をしたら入り口にケージを置く

6.飼い主様がスタッフが室内に入ったのを見計らって取りに行く

 

このような事態は防ぎたいですアセアセ

 

 

ご不便をおかけしますが、スタッフの安全管理、感染症蔓延の予防等のため皆様のご理解とご協力をお願いいたします!

SFTSとは?

練馬区、西東京市
南大泉せき動物病院ですニコニコ
こんにちはニコニコ
SFTS、皆さんご存知でしょうか??
SFTS(重症熱性血小板減少症候群)
マダニに咬まれることによって感染する、人獣共通の感染症です。
最悪の場合、死に至ることもあります。
〈感染した場合の症状〉
●犬、猫:発熱、食欲低下、嘔吐、活動性低下など
   →急性疾患であり、発症から数日以内に重症化、死亡することもある
●人:発熱、筋肉痛、頭痛、嘔吐、下痢など
   →潜伏期間は6日〜2週間程度
感染のリスクは西日本が中心ですが、人や動物の移動によって全国に広がっています。

東京都でもSFTS患者報告がありますガーン

致死率は
犬…29%  猫…60〜70%  人…20%
となっています。
なかなか高いですよねガーンガーン

 

〈愛犬・愛猫を守るための対策〉
SFTSに対する特効薬はありません
唯一の対策は、通年のマダニ予防です!!
当院で処方しているノミダニ予防薬はこちらニコ
●犬用チワワ黒パグ
ネクスガード:おやつタイプ
シンパリカ:おやつタイプ
フロントラインプラス:皮膚に滴下するタイプ
ネクスガードスペクトラは
ノミダニはもちろん、フィラリアの予防もできるオールインワンのお薬ですキラキラ

●猫用三毛猫黒猫

ブロードライン
フロントラインプラス
レボリューションプラス(フィラリア予防も可)
犬用とは違って、全て皮膚に滴下するタイプのお薬です。
(プラスじゃない方の)レボリューション
こちらはマダニ予防には効果がないのでご注意ください注意
どのお薬も、月に1回の投薬・滴下が必要です。

岩﨑先生の紹介

練馬区 西東京市の動物病院

南大泉せき動物病院ですチューリップ

 

新しく入った岩﨑先生の紹介ですルンルン

 

・動物病院で6年勤務

・わんちゃん猫ちゃんはもちろん、うさぎさんが大好きですうさぎうさぎ

・ホラー映画大好き(スプラッタ!!!)

・ミスチル大好き(ライブのためにどこまでも遠征します!)

・ハリボーのグミが好きです

・お酒を飲みながら料理するのがストレス発散です生ビールもぐもぐ

 

 

 

獣医師2人となり、お待たせする時間も少し減らせるようにがんばります!!

猫のリンパ腫

練馬区、西東京市の動物病院

南大泉せき動物病院です

他院様で治療されていた猫さん

2か月嘔吐と食欲不振で治療されていました

どうにかならないかと来院

エコー検査で胃の低エコー性肥厚を認め、

その部分を針生検をおこないました

(スマホ撮影ですので画質はご勘弁ください)

リンパ球が多量に採取され胃のリンパ腫と診断

当時、多剤化学療法は望まれませんでしたが、

皮下注射で行えるロイナーゼとプレドニゾロンを投与することで

症状は改善

嘔吐も止まり、食欲も活動性も戻り

エコーでも腫瘍がほぼ見られない程度までの回復がみられました

その後は多剤併用化学療法を選択され、寛解を目指しています

この子は血液検査では異常がみられませんでした

慢性嘔吐が続くようであれば、必ずエコー検査もおすすめします

高齢の猫では腸管型リンパ腫が多いとされていますが

胃のリンパ腫も多い印象です