鼻腔内腫瘍のお話 前

練馬区 西東京市の動物病院
南大泉せき動物病院です
鼻腔内腫瘍のお話
犬の全腫瘍のうち0.8~1.0%ほどの発生率と報告があります。
好発年齢はやはり9歳から14歳と中高齢に多くみられますが
2歳からの報告もあります。
また犬種についてはばらつきがありますが
ラブラドール、ゴールデン、コーギー、ダックスに多いようです。
経験としては鼻が長い犬種に多い印象で
発生率も1%ほどとされていますが、実際にはもっと多く遭遇しているような気がします。
犬では鼻腔内腺癌を含む上皮系腫瘍が多く2/3程です。
他には移行上皮がん、扁平上皮癌もみられます。
非上皮系では軟骨肉腫、繊維肉腫、骨肉腫です。
猫ではリンパ腫が多く、診断時に腎臓への転移がみられることもあります、次いで鼻腔内腺癌、肉腫です。
症状は鼻出血、くしゃみ、粘液分泌などから始まります。
くしゃみ、鼻出血だけでは診断がつかないこともあります。
鼻水か~
鼻炎か~
で抗生剤、ステロイドを投与されていて実は腫瘍が進行しているってこともありますので注意が必要です
歯牙疾患からくる細菌性鼻炎や異物、
免疫介在性の鼻炎、真菌性鼻炎、異物などをきちんと鑑別する必要があります。
「気付いた時には進行していた」が怖い腫瘍です

胸に水が溜まるってなに?? 肺水腫と胸水 後編

練馬区 西東京市の動物病院

南大泉せき動物病院です

 

肺水腫と胸水の原因は様々です

 

心臓性、血管性、腫瘍性、気道閉塞、熱中症

炎症性、膵炎、エンドトキシンetc.

 

心臓病についてお話します

心臓病が進行すると

犬では肺水腫、猫では胸水となることが多いです

 

肺水腫では酸素交換が上手に行えないため

チアノーゼ(舌が紫色)粘膜がまっしろ

肺の音が悪い

横になれず、お座りの姿勢で首を上に向ける

などの症状がみられます

肺水腫で白く変化しています

上下の写真で違いがわかるでしょうか?

赤丸で示した部分が違うのです

 

上述しましたように針で水を抜くことはできません

 

利尿薬を使っていくのですが、利尿薬は腎臓に負担を強います

 

使いすぎれば腎不全を発症、使用量が少なければ肺水腫は改善しない

程よく血圧を下げすぎず、上げすぎず

 

心収縮力をあげつつ、利尿をかけていきます

 

肺から血管へ、血管から腎臓、尿へと水を排出させるのです

 

胸水では心臓の周りに水が溜まるため心拍出量(心臓の働き)

肺の拡張能(肺のふくらみ)が落ちます

 

利尿薬、といきたいところですが胸水に対しての効果は薄くなかなか効かないことが多いです

 

では針で・・・・・・・と思いますが胸部に針となると、危険性も高まります

胸腔内には心臓、血管、肺があり誤穿刺は回避したいです

 

また抜去できた場合も、心循環を改善させねば数日で再貯留してしまいます

今現在、胸水のために心肺機能が低下し”まずい”状況でなければ

穿刺せず心臓の治療を優先させます

 

胸水と肺水腫についてでした

 

 

 

当院にくいしん坊さんがいるのはインスタの方でお伝えしております

お菓子を買ってくると一瞬でなくなります

食後でも吸引力が落ちません

一口で消えていきます

「ごはん前に食べちゃうとごはんがあまり食べられない」

という私の言葉は届きません

くいしん坊さんには関係ないのです

血糖値やら満腹感が仕事していないようです

GW中の診察時間

ゴールデンウィーク期間中の診察時間のお知らせです!!

 

 

 

 

 

4/27日(土) AM 9:00~12:00 PM 16:00~19:00

 

4/28(日)~4/29(月) AM 9:00~12:00 PM 15:00~17:00

 

4/30(火) 休診

 

5/1(水)~5/6(月) AM 9:00~12:00 PM 15:00~17:00

 

 

 

となっておりますのでお気をつけ下さいひまわり

 

(受付けは診察終了の30分前までにお済ませください)

胸に水が溜まるってなに?? 肺水腫と胸水 前編

練馬区 西東京市の動物病院

南大泉せき動物病院です

「胸に水が溜まる」

よく聞きますが

””胸水””と””肺水腫””

ちょっと違う?

だいぶ違います

胸水は胸郭内、肺心臓血管食道などの臓器の外側に水が溜まる状態

肺水腫は肺内の組織に水がしみわたる

こんな違いです

がんばって絵を描いてみましょう

胸水

肺の外側に液体として胸水は溜まります
針などで胸の外から吸引して抜去することが可能です

肺水腫

スポンジ内に染み込むため針で液体を抜去することはできません

この図をスタッフが見かねて

模型を作ってくれました

胸水

肺水腫

先生の絵の方がわかりやすい説までありますね()

ウェルパーク皆様いかれますか?

店内に流れているハピコムラジオ

清水ミチコさんが話しているあれ

ご記憶にございますか?

あれの山田さんの情報がさっぱりわかりません

この情報化社会になんにもひっかからないとは・・・・・・

猫の形質細胞性足皮膚炎 

練馬区 西東京市の動物病院

南大泉せき動物病院です

 

猫の肉球

字面だけでもかわいい猫の肉球

触ってますか?

 

フニフニしていますよね

 

猫の形質細胞性足皮膚炎という病気があります

 

 

フニフニの肉球がかさかさしてくる

歩き方がぎこちなくなる

ジュクジュクしてくる

出血することも

 

 

こんな感じで症状が進むことが多いです

上と下の写真

色が違うのがわかりますよね?

 

 

この病気

過剰免疫やアレルギーの可能性が示唆されていますが

あまりよくわかっていません

 

 

また猫後天性免疫不全症ウイルス(猫エイズ)や

猫白血病ウイルスが関与していることもありますが

感染していない猫も発症します

 

 

症状のある肉球を切除して病理診断すると形質細胞(免疫細胞)が

たくさん検出されることから免疫介在性とされていますが

直接の原因はいまだにわかりません

 

 

 

副腎皮質ステロイドや免疫抑制剤

免疫調整作用のある抗生剤ドキシサイクリンで治療します

この辺りが効くことからも過剰免疫だと考えられています

ドキシサイクリンで治療することが多いですが

病変の切除が必要になることもあり経過は注意が必要です

投薬でだいぶ調子よくなってきました

猫のひも状異物誤食 

練馬区 西東京市の動物病院

南大泉せき動物病院です

 

またしても異物のお話

チュールの包装ごと食べてしまったとか

朝から何度も吐いているとのこと

 

エコー検査でひも状っぽい像が観察されました

腸管の真ん中に一直線の白いものが見えますか?

周囲の腸管が手繰り寄せられているのも見えます

ひもっぽいです

 

異物による腸閉塞(イレウス)の疑いが濃厚です

術中写真です

 

やはり腸管がアコーディオン状に手繰り寄せられているのがわかります

一か所の切開から引っ張り出せればよいのですが

無理に引っ張ると腸が裂けてしまうため

 

無理のない範囲で摘出したのち、もう片方からも切開し摘出する必要があります

チュールの包み紙のほかにひも状異物が絡みつき

閉塞を起こしていました

 

 

閉じたあとはしばらく絶食点滴したのち流動食から開始して退院です

 

 

ヒモ生活はしたことありません

ねほりんぱほりん

高残香性柔軟剤などの動物への影響の症例報告

練馬区 西東京市の動物病院

南大泉せき動物病院です。

 

 

まず題目が固い

 

 

固い内容ではないです(柔軟剤です)()

 

 

 

高残香性柔軟剤や消臭除菌スプレーの動物への影響

症例報告が獣医雑誌にありました。

 

 

商品名、成分名では書けませんのでお察しください。

 

 

前からそういうことあるんじゃない?とはされていました。

5例と大規模な報告ではありませんが

やはりあるのかぁ、といった感想です。

 

 

 

体に付着したマイクロカプセルや消臭成分をグルーミングでなめとり、吸収され肝障害、神経症状

また気管支、肺へ分布するため呼吸器障害が報告されていました。

 

 

支持療法と製品の使用中止で回復している子がほとんどですが、

呼吸器、循環器障害を起こし亡くなった子も含まれます。

 

 

 

柔軟剤や洗剤、消臭剤のマイクロカプセル

はじける前は30 μmと花粉ほどの大きさですが

はじけたあとは2.5 μmと細菌やPM2.5くらいのサイズとなり

気管から肺胞へと容易に侵入してしまいます。

 

 

 

お気をつけをガーン

”がん”てなに?

練馬区 西東京市の動物病院

南大泉せき動物病院です

 

”がん”てなんでしょう

 

腫瘍の定義は様々に表現されていますが

「本来自己の体内に存在する細胞が、自律的に無目的かつ過剰に増殖する状態」とされています。

 

腫瘍は良性腫瘍と悪性腫瘍(がん)に分類されます。

 

 

良性腫瘍はその場で大きくなりますが周囲との境界は明瞭で

術後の再発性も低く、転移はありません。

 

悪性腫瘍は周囲との境界が不明瞭であり正常組織にへ染み込むように「浸潤」また「遠隔へ転移」します。

 

 

一般的には悪性腫瘍をひらがなで”がん”と表記することが多いです。

 

対して”癌”という漢字もありますがそれは?

 

 

悪性腫瘍は

 

・独立細胞腫瘍(リンパ腫や肥満細胞腫など)

・上皮性悪性腫瘍(扁平上皮癌、肺腺癌、乳腺腺癌など)

・非上皮性悪性腫瘍(平滑筋肉腫、血管肉腫、骨肉腫など)

 

へ分類されます。

 

上皮系悪性腫瘍を”癌”

非上皮系悪性腫瘍を”肉腫”

 

と呼称します。

 

つづく・・・・・・かも

今年もしっかりフィラリア予防

練馬区 西東京市
南大泉せき動物病院の飯島です。
今年もフィラリア予防のシーズンが始まります。
予防期間は5〜12月まで!計8回分になります。

 

 

当院ではお得なまとめ買いキャンペーンを行なっています。

フィラリア予防薬をまとめて購入していただくと、7回分の料金で8回分買えちゃいます!

つまり・・・・1ヶ月分がタダになりますびっくり

キャンペーンは4/29(月)までになります!!

 

 

 

病院からも、3月上旬頃にお知らせのハガキをお送りいたします流れ星

 

4月は狂犬病ワクチンの時期とも重なり、混雑することが予想されますので3月のご来院をオススメしております。

お時間に余裕を持ってご来院くださいニコニコ

 

 

 

おや・・・・・?

ハガキの真ん中に注目・・・・・

 

 

 

 

なんと、先着100名様に

きのこの山 たけのこの里 をプレゼントしちゃいますキラキラ

 

もちろん、私は生粋のきのこ派です!

明治さんが公式で行っていた総選挙では、たけのこの里が勝利したみたいですねガーン

認めません。きのこの方が美味しいです。(先生はたけのこ派です)

 

 

 

 

 

100箱も並ぶと存在感がすごいですあせる

当院でもどちらが先に無くなるか、ひっそりと総選挙を行います!!

 

 

 

 

 

 

おかげさまでハガキの数も昨年より大幅に増えました!!

 

 

 

 

事前にフィラリアに感染していないかの検査が必要になるので、わんちゃんと一緒にご来院ください あしあと

パラディアについて

練馬区 西東京市の動物病院

南大泉せき動物病院です

 

以前パラディアについてお話ししました

犬の肥満細胞腫とパラディア

 

「犬の肥満細胞腫」に対して承認を取ってはいますが

他の腫瘍に対して使用されることも増えてきました

 

とご報告いたしました

 

 

今回の獣医がん学会での症例報告で上皮向性T細胞型リンパ腫への治療効果の報告がありました

 

今までの認識では

固形がんへの使用、乳腺腫瘍や移行上皮がん、扁平上皮癌などの

報告が多く見受けられました

 

NSAIDs(非ステロイド系)やカルボプラチン(抗がん剤)との併用が使用されてきました

 

そのほかはやはり肺腺癌、平滑筋肉腫などへの報告が多く

パラディアの効果が期待されている様子が見受けられます

 

パラディア、もちろん副作用もありますが化学療法に比べると

すごく少ない印象です

 

化学療法いわゆる抗がん剤では、毎週の通院、血管の確保

骨髄抑制による白血球低下、費用の点など

飼い主さん、動物にも負担が大きいこともあります

 

化学療法、緩和治療のみのその間を埋めるような使用

 

化学療法との併用によりさらなる効果にも

期待が持てそうな内容でした

 

 

なんだかまとまりのない記事になってしまいましたが