練馬区、西東京市の動物病院

南大泉せき動物病院です

内視鏡導入しました

内視鏡というより胃カメラのほうがわかりやすいかもしれません。

胃内の様子を観察したり、粘膜にできた腫瘍や病変ポリープを切除したり。。。。

動物病院では

「異物の誤飲」(ぬいぐるみ・ボール類・固いガム・骨・石・ひも・裁縫針・靴下・タオル・プラスチック片・植物の種・竹串など)

異物摘出に用いることの方が多いです

開腹手術と違い、切開することなく摘出できるため回復がとても早いです

適応外としては、腸閉塞時、異物が大きすぎて鉗子で掴めない

胃の噴門(入口)を通過できない、異物がバラバラで個数が多すぎる

異物誤飲時にとても頼りになりますが、万能ではないことはご理解ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です