練馬区、西東京市
南大泉せき動物病院ですニコニコ
こんにちはニコニコ
SFTS、皆さんご存知でしょうか??
SFTS(重症熱性血小板減少症候群)
マダニに咬まれることによって感染する、人獣共通の感染症です。
最悪の場合、死に至ることもあります。
〈感染した場合の症状〉
●犬、猫:発熱、食欲低下、嘔吐、活動性低下など
   →急性疾患であり、発症から数日以内に重症化、死亡することもある
●人:発熱、筋肉痛、頭痛、嘔吐、下痢など
   →潜伏期間は6日〜2週間程度
感染のリスクは西日本が中心ですが、人や動物の移動によって全国に広がっています。

東京都でもSFTS患者報告がありますガーン

致死率は
犬…29%  猫…60〜70%  人…20%
となっています。
なかなか高いですよねガーンガーン

 

〈愛犬・愛猫を守るための対策〉
SFTSに対する特効薬はありません
唯一の対策は、通年のマダニ予防です!!
当院で処方しているノミダニ予防薬はこちらニコ
●犬用チワワ黒パグ
ネクスガード:おやつタイプ
シンパリカ:おやつタイプ
フロントラインプラス:皮膚に滴下するタイプ
ネクスガードスペクトラは
ノミダニはもちろん、フィラリアの予防もできるオールインワンのお薬ですキラキラ

●猫用三毛猫黒猫

ブロードライン
フロントラインプラス
レボリューションプラス(フィラリア予防も可)
犬用とは違って、全て皮膚に滴下するタイプのお薬です。
(プラスじゃない方の)レボリューション
こちらはマダニ予防には効果がないのでご注意ください注意
どのお薬も、月に1回の投薬・滴下が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です