練馬区、西東京市の動物病院

南大泉せき動物病院です

他院様で治療されていた猫さん

2か月嘔吐と食欲不振で治療されていました

どうにかならないかと来院

エコー検査で胃の低エコー性肥厚を認め、

その部分を針生検をおこないました

(スマホ撮影ですので画質はご勘弁ください)

リンパ球が多量に採取され胃のリンパ腫と診断

当時、多剤化学療法は望まれませんでしたが、

皮下注射で行えるロイナーゼとプレドニゾロンを投与することで

症状は改善

嘔吐も止まり、食欲も活動性も戻り

エコーでも腫瘍がほぼ見られない程度までの回復がみられました

その後は多剤併用化学療法を選択され、寛解を目指しています

この子は血液検査では異常がみられませんでした

慢性嘔吐が続くようであれば、必ずエコー検査もおすすめします

高齢の猫では腸管型リンパ腫が多いとされていますが

胃のリンパ腫も多い印象です

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です