練馬区 西東京市の南大泉せき動物病院です。

 

犬の僧帽弁閉鎖不全症の治療のお話です。

 

しれっと始めましたが

 

その2はいつだったか。。。

 

心臓病 その1真顔

心臓病 その2真顔真顔

 

 

 

ではいつから治療を開始するか

 

アメリカ獣医内科学会(ACVIM)の基準でいくと

 

心臓の拡大を認めたとき

です

 

それ以前に投薬開始しても予後は変わらないと言われております。(今のところ)

今後新しい知見がでれば変わりますのでご了承ください。

 

では逆流が見つかり、心拡大がなかったときはどうしたらいいのでしょう?

 

定期的な心エコー検査をお勧めします。

 

1年に1回とかじゃだめですよ。

今日診て大丈夫でも1か月後から拡大があるかもしれません。

1年に1回しか検査しないと。。。。

11か月も無治療になりますよね。

 

おおむね3か月くらいを目安にエコー検査をお勧めしています。

 

{96C28421-A627-45AC-80D2-B5BC1CF8E806}

 

 

 

 

 

心臓は血圧をあげることで血流を維持しますが、さらに心臓に負担をかけることになります。

 

{9D0F54B3-BED7-4B37-9196-9A47B810786C}

 

 

 

ACE阻害薬

(アンギオテンシン変換酵素阻害薬)

長い名前ですが、簡単に言えば血圧を下げるお薬を始めます。

 

{BC17DCAC-DC95-49B7-80D3-70024C4C3941}

 

 

安全なお薬ですが、初めての投薬は病院が開いてる時間に始めましょう。

 

それでも逆流が多く心拡大、逆流のスピードが速い場合は

ピモベンダン

PDEⅢ阻害薬を始めることが多いです。

 

心臓の収縮力を上げ、同時に血管拡張作用もあるので血圧も下げてくれます。

 

それでもいつかは破綻し肺水腫に陥ることがあります。

その時は入院治療となります。

 

肺の中の水を抜くために利尿薬を使い、腎臓に頑張ってもらいます。

血液の水分を減らすことで、肺の中の水を引っ張ってくるのですが

かなり腎臓に負担を強いることになります。

逆に腎臓の保護を目的に血流を維持すれば、肺からは水が抜けません。

 

腎臓と心臓はシーソーのようで一方の治療が他方へ負担をかけてしまうのです。運命の双子と言われてます(たぶんどこかで)

 

そのほかにも、空咳(気管性)の場合には気管支拡張剤

血圧をさらに下げ、冠動脈(心臓自体の血管)拡張させる薬

血栓予防薬

肺高血圧症改善の薬

なども組み合わせます。

徐々に投薬数も増えることも多いです。

 

 

内科治療の目的は治すこと、ではありません

心臓病により亡くなることのないように悪化を遅らせることで

天寿を全うさせてあげること です

 

 

でもでも内科療法しかないの?

 

いえ、少しずつではありますが

心臓外科を行うことも増えてきました。

 

とはいえ、当院ではできません。

 

人工心肺を備えている高度医療を行える施設をご紹介します。

JASMINE どうぶつ循環器病センター

こちらを紹介いたします。

 

上地先生は大学時代の先生です。

スタッフの一人は同級生でした。

すごいですねぇびっくり

 

費用もそこそこすごいですが、

考えられない金額ではありません

というか手術の難易度、必要な設備、人員を考えれば適切と思います

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です