練馬区、西東京市の動物病院南大泉せき動物病院ですあしあと  

今日はうさぎさんの避妊手術についてお話ししますうさぎ 

 わんちゃん、猫ちゃんでは一般的な避妊手術ですが、うさぎさんではどうでしょうか? 

実はうさぎさんの女の子は、子宮の疾患がとても多いのですアセアセ 早い子では2歳くらいから、高齢になるとかなりの高確率で子宮にトラブルが出てきますアセアセ 

良くあるのは血尿で飼い主様が気づくケースハッ 無症状で進行するケースもありますが、発見時点で肺に転移を起こすほど進行してしまっていることもありますガーンガーン  

この病気を予防する唯一の方法が避妊手術(卵巣・子宮摘出)です!

  うちの子は発情も無いし大丈夫!というのは間違いショボーン

どんな子でも子宮疾患のリスクはあります   うさぎさんの手術については話が長くなってしまうので、女の子のうさぎさんを飼われている方は、是非一度健康診断でいらしてくださいロップイヤーネザーランド・ドワーフ